協賛会員

アイントラハト・フランクフルト

DJW協賛会員(2015年~)

アイントラハト・フランクフルトは、フランクフルト・アム・マイン市最大の、そして同地域で最も長い伝統と知名度を誇る総合スポーツクラブです。ドイツ・ブンデスリーガ創設メンバーの一員でもあり、2014年には創立115周年記念を祝いました。アイントラハト・フランクフルトのサッカーチームは、ドイツ・プロサッカーリーグの最上位リーグであり、ドイツ国内のスポーツリーグの中で最も有名かつ人気の高いブンデスリーガ1部の常連チームとして、非常に重要な一角を占めています。

アイントラハト・フランクフルトは、過去の欧州サッカーの舞台におけるこれまでの戦績や伝統のみならず、所属選手やスポンサー、そして拠点であるフランクフルト市の国際性を理由に、国際的なサッカークラブであるといえます。

日本との間にも、アイントラハト・フランクフルトはここ数年をかけて関係を築いてきました。その絆は、以前クラブに所属していた、高原直泰、稲本潤一、両選手によって深められ、そして現所属メンバーの長谷部誠、乾貴士、両日本代表両選手により、ますます強固なものとなっています。

更に、アイントラハト・フランクフルトは201411月、同クラブの監督ならびにスポーツディレクターによる訪日とあわせ滋慶学園グループと協力関係を結び、今後のより緊密な協力への道が切り開かれました。東京スポーツ・レクリエーション専門学校をはじめ日本全国55ヶ所の教育機関を運営する滋慶学園グループとの提携の目的は、アイントラハト・フランクフルトならびにドイツサッカーに関する専門性を日本の教育施設ならびにその学生たちに伝達していくことにあります。また、今回の提携は、アイントラハトの日本国内での人材発掘活動を後押しするものでもあります。加えて、日本の熱狂的なサッカーファンの間にアイントラハト・フランクフルトの知名度を高め、同時に、フランクフルトから日本へと架かる橋を築くため、フランクフルト・アム・マイン地域の日本人コミュニティの皆様にクラブのことをより理解してもらいたいと考えています。フランクフルトの姉妹友好都市である横浜市の存在とともに、上述の目的達成に向け、理想的な前提条件が整ってきています。

協賛会員