DJWイベント

レジリエンスと持続可能性:日独企業の戦略

DJW シンポジウム 2024 - 第一部

多角化 | イノベーション | 危機管理

イベントへの参加を申し込みます。 2024-07-03, 12:30 - 15:30 (MESZ)

リアル開催のみ

Senckenberg Jügelhaus
Mertonstraße 17
60325 Frankfurt am Main
https://maps.app.goo.gl/vPbezdzXR5XCLTi77

特に、地政学的、経済的、生態学的観点から顕著な変転が起こっている現在において、レジリエンス(回復力、弾性力)を備えることは企業にとって決定的に重要な要件となっているます。環境の変化に適応し、予期せぬ危機的状況からより強固に立ち上がる能力は、起業家としての成功の本質であり、グローバル競争を勝ち抜くうえでの決定的な優位性となりつつあります。

危機への対応において重要なことは、将来を見据えた企業戦略、柔軟性とリスク分析、失敗を恐れない果敢な企業文化と新しいアイデアの促進です。その際の理想的なレジリエンス戦略の選択肢は、産業分野、イノベーション力、企業カテゴリー、組織の複雑さ、個々の経済目標等、多様な要因によって影響されることとなるでしょう。

企業が、予期され得る、或いは全く予期せぬ危機的状況に対する抵抗力、適応力、行動戦略を構築し、企業活動におけるあらゆるレベルの日常業務に効果的に組み込む必要がある、ということは言うまでもありません。むしろ、安定した将来を構築するために先を見据えた予防策とダイナミックな適応力をいかに成功裡に備え得るか、特に、新たな環境への適応という目標とレジリエンスによる変革という目標の両方を達成するために、どのような技術イノベーションが役立つのか、そしてさらには、日独企業の交流は、どのような点で付加価値を生み出すことができるのか、ということが極めて重要な課題となります。

今回のDJW シンポジウムでは、多角化によるレジリエンスへの道筋を追っていきます。専門家、企業の代表者、そして皆様と共に議論を深め、日独双方の企業の戦略について懇談したいと存じます。企業の意思決定、技術革新、サクセス・ストーリーに関する疑問を探り、日独ビジネス・コミュニティとして活発な意見交換、交流ができることを楽しみにしています。

ハイライト

未来志向の取り組み:日独双方の企業が、どのように長期的かつ持続可能なレジリエンス戦略を企業の意思決定に組込み、企業内部の各組織と共に実践しているかに触れてください。

イノベーション・リーダーシップ:技術革新の世界に目を向け、企業が継続的な適応と創造的なソリューションを通じて、競争とグローバル市場においてどのようにレジリエンスを高めているかを直接体験してください。

対話型の交流:プレゼンテーションに加え、積極的に討論に参加し、質問し、幅広い経験に触れて自己の経験や考え方を共有する機会としてご活用ください。

スケジュール

注:10時から11時半にはDJW会員総会が同じシンポジウム会場にて開催されます。

  • 12:00  受付・ネットワーキング
  • 12:30  シンポジウム開会
  • 12:45  パネルディスカッション:「多角化によるレジリエンス促進について」[登場順]
    • ヴォルフガング・ニーダーマルク BDI e. V. 理事会メンバー
    • 木村 佳哉 富士フイルム欧州本社社長
    • モーリッツ・フンメル Stefan Pfaff Werkzeug- und Formenbau 有限合資会社  最高経営責任者(CEO)
  • 14:00  参加者との質疑応答
  • 14:20  議論のまとめ
  • 14:30  ネットワーキングと個別の交流会(アフターヌーンティー含む)
  • 15:30  シンポジウム終了

総合司会:アンネ・ポムゼル 日独産業協会(DJW)事務局長

使用言語

英語

参加費

DJW会員の方は無料でご参加いただけます。DJW非会員の方は一名当たり40ユーロの参加費をお支払い頂くことでご参加頂けます。是非この機会にDJW会員としてのご入会をご検討ください。

皆様のご参加ご登録をお待ちしております!

スポンサー特典

企業の皆様には、シンポジウムへのご協力を頂くことで特別に知名度を向上させる機会を準備しています。特典概要の内容については、ダウンロード資料でご覧いただけます。

お問合せ

日独産業協会(DJW)
アンネ・ポムゼル
事務局長
events@djw.de

Downloads

Mit Unterstützung von | 後援 Mit Unterstützung von | 後援
Mit Unterstützung von | 後援 Mit Unterstützung von | 後援
Mit Unterstützung von | 後援 Mit Unterstützung von | 後援
Mit Unterstützung von | 後援 Mit Unterstützung von | 後援
Mit Unterstützung von | 後援 Mit Unterstützung von | 後援
Mit Unterstützung von | 後援 Mit Unterstützung von | 後援

協賛会員