インフォメーションプール

日独間ビジネス関係の強化

-ジェトロ中小企業海外展開プラットフォームプロジェクト-

ミヒャエル・エッカート、CEO OMB Management GmbH & OMB Japan K.K.

2019-11-18, 15:22

日独産業協会(DJW)は、いわば外交官やネットワークパートナーの役割担い、同協会に属する日独双方のメンバーの関心事項に重点を置き、日独両国間のビジネスに関する各種ご質問・照会事項についてのプラットフォームを提供しております。さらにDJWは様々なイベントを通じて、日独両国の経済・産業界に属する同協会メンバーのみならず、外部参加の方々も加えて、双方に最適な交流とネットワークの場を提供すべく貢献しています。そのような意味で、DJWは既に日独ビジネス発展に向けて貢献する組織として確固たる地位を確保しています。

勿論、DJWに加えて、日独関係の強化と拡大に貢献する機関はいくつか存在致します。    これには、専門のコンサルティング会社、企業団体、商工会議所、連邦・州レベルの公的組織が含まれます。 これら全ての組織は、ドイツと日本企業の業務関係強化と拡大に積極的に取り組んでいます。   

「中小企業海外展開プラットフォームプロジェクト」

経済産業省の傘下に属し、世界的に活躍するジェトロは、昨年から日本の中小企業の海外進出を積極的に支援するプログラムを提供しております。 発足後まだ比較的間もないこのプログラムは、「中小企業海外展開プラットフォームプロジェクト」という名称で運営されています。その注目すべき特徴としては、フリーランス、地地場産業・マーケットを熟知した方々をプロジェクトコーディネーターとして起用していることです。  これにより、ジェトロは従前の中小企業向けサポートプログラムを更に充実させてきたのです。

このコーディネーターは、日独ビジネスにおける親和性と経験を持つコンサルタントであるため、日本の中小企業と潜在的なドイツのビジネスパートナーのために、直接的、かつ非常に効果的な対話チャンネルの創出が期待出来ます。私がこのプロジェクトコーディネーターとしての役割、およびセールスおよびマーケティングのコンサルタントとしての役割を務めるのは今回が2回目であり、この過程でいくつか日本の中小企業の成功が実現しつつあることに喜びを示しています。

「日常業務」における積極的な販売は、今や企業にとって極めて重要な課題です。 積極的な販売と戦略的な事業開発は、新しい外国市場での製品やサービスの販売機会を検討し、海外での成功を可能にするためにとりわけ必要不可欠な前提条件でもあります。  しかし、一方では中小企業が金融面や異文化の壁を越えて、自力で海外市場に参入していくのは非常に困難を伴うことであるのも事実です。この距離の差異と異文化の壁は、特に双方の中小企業にとって最初は乗り越えられないと思われることが多々あるものです。

プロジェクトコーディネーター

「中小企業海外展開プラットフォームプロジェクト」は、まさにこれら2つのポイントを橋渡しすることから始まります。 ジェトロは、現地の地場・マーケットエキスパートがプロジェクトコーディネーターを務める中、日本の中小企業にとっての架け橋を築いています。さらに、ジェトロは、言語的にも専門的にもドイツのビジネスパートナーへの直接アクセスを創出できるよう、外部コンサルタントの関与を通じてアクティブな販売のための追加リソースを提供致します。 

ビジネスミーティングの開催、潜在的なビジネスパートナーの調査、個別のアドバイスに加え、具体的なセールスに繋がるコンタクトの創出もプログラムの一部であり、かつ本質的にプロジェクトコーディネーターとしての私の業務範囲です。このコンタクトの創出は、個別またはワークショップやセミナーの範疇で行うことになります。

10月に東京で開催されたワークショップ

10月に東京で2日間に亘り開催されたワークショップは、日本の中小企業のドイツ市場への進出の第一歩を支援し、特に11月にデュッセルドルフで開催されるMEDICA COMPAMEDの準備として活用されましたが、この代表的な事例といえます。中小企業基盤整備機構(これも経済産業省の傘下に属する組織です。)が主催するイベントの枠組みの中で、ドイツ企業との取引関係を確立するために、どのように進めるべきかにつき参加する中小企業に対して私がジェトロプロジェクトコーディネーターとして説明、かつプレゼンテーションを実施させて頂きました。

ドイツの潜在的なビジネスパートナーをターゲットに、効率的な会話を行い、持続可能な関係を維持するためにはどのようにすべきかにつき、参加企業に対して包括的、かつ実用的なアドバイスをさせて頂きました。 「どうしたらいいのか...」と「何に注意すべきか...」は、プレゼンテーション中に包括して盛り込みました。 これによって、MEDICA COMPAMEDのための準備作業としての一日の終わりには、まずはファーストコンタクトにおける参加者の皆様の恐怖感を取り除き、自信を持って臨んで頂けるように出来たと思っております。 ちなみに、プロジェクトコーディネーターとしての私から推奨申し上げた進め方は、ドイツのビジネスに重点的に取組む参加企業の皆様から日常的な販売業務にも非常にも応用可能である、との評価を頂きました。

フリーランスコンサルタントとしての私の役割は、プロジェクトの内容だけでなく、ジェトロへ従事する立場とDJW会員としての立場であることから、2つの強力な組織の支援を受けつつ、他のすべてのコーディネーターと同様、日独ビジネス関係の強化に貢献できる、という事実により、私に多くの喜びを与えてくれます。中小企業向けに特別に設計された ジェトロや中小企業基盤整備機構等によるプログラムであれ、 DJWや在ドイツ日本商工会議所等のネットワーク機能であれ、ドイツ企業と日本企業の業務関係強化が図られ、最終的に両国間の良好な関係構築に貢献することが、重ね重ねも重要なことです。

プロジェクトコーディネーターガイドラインへのリンク

https://www.jetro.go.jp/ext_images/germany/GuidelinesSME2.pdf

SMEワークショップへのリンク

https://www.linkedin.com/posts/michael-eckardt-6a8a9b5_medicacompamed-jetro-smesupport-activity-6589417631072174080-mQIP

「中小企業海外展開プラットフォームプロジェクト」 © ミヒャエル・エッカート 「中小企業海外展開プラットフォームプロジェクト」 © ミヒャエル・エッカート
10月に東京で2日間に亘り開催されたワークショップ © ミヒャエル・エッカート 10月に東京で2日間に亘り開催されたワークショップ © ミヒャエル・エッカート
ミヒャエル・エッカート
CEO OMB Management GmbH & OMB Japan K.K., JETRO Project Coordinator Sales & Marketing
ミヒャエル・エッカート
CEO OMB Management GmbH & OMB Japan K.K., JETRO Project Coordinator Sales & Marketing

協賛会員