DJWワーキンググループ

バイオテクノロジー

DJWワーキンググループ バイオテクノロジー

日本とドイツのバイオテクノロジー

技術大国日本とドイツは、バイオテクノロジーの分野においても、最先端の技術を誇ります。両国のどちらかを本拠地とするバイオテクノロジーの会社は、あわせ て全世界の17%を占めるほどです。また、バイオテクノロジーの特許申請数においては、日本とドイツがアメリカに次ぐ2位3位にランキングしています。同 様に、地域別(アメリカを除く)バイオクラスターでは、東京とノルトライン・ウェストファーレン州がバイオテクノロジーの特許申請数ランキングの上位を リードしています。 

DJW分科会「バイオテクノロジー」の目的

DJW分科会「バイオテクノロジー」では、以下のプログラムを予定しています

  • DJWの輪の中でダイナミックなバイオテクノロジー部門を代表する
  • アイディアや専門技術を互いに共有することを目的とした独自のフォーラムや、ディスカッションを目的とした小規模な非公式の会をセッティングする
  • バイオテクノロジーに関するDJWの議題や活動を促進する
  • 関連組織、官庁、産業団体や専門団体、バイオクラスターに対するDJWバイオテクノロジー・インターフェースとしての機能を果たす

連絡先

Dr. Thomas Schnibbe 

協賛会員